HOME > 産学連携シリーズについて

産学連携シリーズについて





当社と芝浦工業大学が共同開発した 産学連携シリーズ 背中を支える美姿勢座椅子 が、芝浦工業大学広報誌「芝浦 VOL.07」にて紹介されました。(6ページ目参照) → 詳しくはこちら

産学連携シリーズ
人間工学と産学共同研究について


株式会社ヤマザキ
代表取締役社長 山ア隆一



使う人の目線の商品に必要な人間工学。
商品の改善に必要な客観的データ。

人間工学という言葉を聞くと、人間を機械や装置と同じように考えるのかな、と感じる方もいるかもしれません。
それは言葉の響きが生む誤解と言えます。

人間工学では、人間を中心にして、人間が様々なものとより良く、より快適に関わりを持てるようように考えます。
人間が使う道具をつくるにあたっては、まず使う側の人間の諸機能をよく知って、それに合わせて人間本位の設計を行うのが基本的な考え方です。

当社では、長く楽に使える「理想的な姿勢」を追求し、使う人の目線の商品開発と人間工学に基づく商品作りをしています。
そして、「測定できないモノは改善できない」という理念から、産学共同研究による客観的データの測定結果を検証し、商品の改善を重ねています。

当社にとって、人間工学と産学共同研究は、楽に長く使える「理想的な姿勢」の追求と商品の改善に必要不可欠なものなのです。

当社の産学連携シリーズは、楽に長く使える「理想的な姿勢」を追求した商品で構成されています。
日本国内の自社工場で生産している職人的技術と科学的アプローチが融合した産学連携シリーズは当社おすすめの商品シリーズです。